bag / Fashion / France / Information / Trip

“POURCHET” pour achète la Pochette

パリのバッグと言えば、エルメスやルイ・ヴィトン、ディオールなど有名なクチュールのメゾンを思う人も多いだろう。ただ、パリには他にも多くの老舗メゾンがたくさんある。その1つであるバッグ専門店「POURCHET(プルシェ)」。Je presente POURCHET une marque de sac parisienne fablique en 1903!
Pourchet3
「POURCHET(プルシェ)」は、フランス・パリで1903年に創業。110年以上の歴史を持つ、とてもエレガントなパリの皮革製品ブランドで、世界で最初にハンドバッグにモノグラムを採用したそうです。
Pourchet8
私が訪れたのは、「パリを世界で一番美しい街にしたい」という思いでアンリ4世が造ったという、パリで最も古い広場「ヴォージュ広場」の目の前にあるブティック。2階建てで広々とした店内には、さまざまなバリエーションのバッグがあった。2010年よりアートディレクターにカリーヌ・デュポン氏が就任し、ますます洗礼されたデザインのバッグへと変わりました。
Pourchet1
日本人に一番人気なのは、機能性抜群の「POURCHET」のアイコンバッグになりつつあるナイロントート『SPI』。カラーバリエーション豊富で軽くて折り畳むことができる。ラグジュアリーなスペアバッグ、ショッピングバッグとして愛用されているそうです。「さすがは日本人、感度が高い!」そう言われると、自分のことのように凄く嬉しくなった。
Pourchet4
また若い女性には、VICTORIAという大人可愛いクラシックなハンドバッグが大人気。私がブティックに入った時に目を付けたのもこのシリーズのバッグだった。
Pourchet6
値段も2万円位〜で、質のいい作りと皮革製品だけれど軽く、中がいくつかに分けられて使いやすい機能性に優れ、
Pourchet7
クラシックだけれどカラーのバリエーションが豊富なMADE IN FRANCEのバッグであることにオシャレパリジェンヌの心を惹いてます。
Pourchet2
私も早速ブルーのバッグをゲットしてパリ中を駆け巡りました。会う人会う人「どこのバッグ?」と注目してくれたのです。私が着ていたラフな恰好にも、そしてドレスアップした恰好にも自然に馴染むバッグVICTORIAは、私のおすすめです。
Pourchet5
また余談ですが、取材した後に分かった話ですが、なんとシンガポールで出会ったフランス人友人のファミリーが経営しているバッグ屋さんでした〜。これこそパリのミラクルね。

Pourchet France
13 Place des Vosges 75004 Paris (月曜〜日曜営業 11〜14時、15〜19時)
http://www.pourchet-paris.com/

Comment

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s